ブルーベリーの効果について

ブルーベリーの歴史と効果

ブルーベリーは目の疲労回復に
効果があると言われ、世界中の人々が
好んで食べるベリーとなりました。

ブルーベリーはツツジ科
スノキ属の小さい果樹植物で、
春に白い小さな花をつけます。

熟した果実は青紫色になることから、
ブルーベリーという名がつけられました。

もともとはアメリカに自生しており、
原住民たちは野生の実を摘んで食用にしており、
ブルーベリーの効果を知っていたと考えられています。

現在でも北米のブルーベリー生産量は世界の
約90%を占めている、一大産地となっています。

北米では4月中旬から10月上旬まで
ブルーベリーの収穫が行われ、
特に7月はナショナルブルーベリー月間と呼ばれ
収穫最盛期を迎えます。

1990年代、エリザベス・ホワイトと
フレディック・コヴィレ博士が
ブルーベリーの効果に注目し、
栽培育種の改良を進めました。

今日一般的にみられる丸くて甘い
ブルーベリーは、彼らの功績によるものです。

それから何十年もの間、
より良い栽培品種(育てやすい、収穫量が多い、
風味が良い)を目指して改良が重ねられました。

その効果は優れたブルーベリー品種の
算出という形で現れ、食品加工業界にとっても
大きな発展を遂げました。

アメリカでは、ブルーベリーは
30以上の州で栽培されています。

そのうちの半数近くは
生鮮ブルーベリーとして市場に出回っています。

今では1年のうち8ヶ月近くが、
生鮮ブルーベリーを入手できる
栽培ブルーベリー市場が機能し、
大きな効果をあげています。


タグキーワード
ブルーベリー効果の基礎カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルーベリーの分類と効果

私たちの健康に効果のあるブルーベリーには
200種類以上の品種があります。

一般に広く栽培されているのは
100種類くらいです。

ブルーベリーは大きく分けて
ハイブッシュ系とラビットアイ系に
分類することができます。

寒冷地で栽培されるブルーベリーの品種は
ハイブッシュ系と呼ばれ、
ノーザンハイブッシュ系・サザンハイブッシュ系
ハーフハイブッシュ系の3系統に分類されます。

特にノーザンハイブッシュ系の
エリザベス・パトリオット、サザンハイブッシュ系の
オニール、ラビットアイ系のデライトは味がよく、
広く栽培されて収穫に効果が期待できます。

ラビットアイ系は温暖な地域で育つブルーベリー種で、
日本全国で多く栽培されています。

冬の冷え込みの厳しい東日本では、
サザンハイブッシュ系のブルーベリーも
効果的に育てることができます。

どのブルーベリー品種も異品種どうしで
受粉させた方が、果実が結実しやすく
大きくなるという効果があります。

とはいえ、ノーザンハイブッシュ系は
自家受粉することもできます。

ハイブッシュ系のスパータンは、
果実が大きく味も大変良いのですが、
発育不良を起こしやすく栽培環境が難しい品種です。

ハイブッシュ系のシャープブルー、
ラビットアイ系のホームベル・ティフブルーが、
ブルーベリーの中でも最も栽培しやすく
収穫の効果を上げやすい品種と言われています。

ブルーベリーは、品種によって味・果実の大きさが
様々ですが、初心者にはラビットアイ系の
品種の方が栽培しやすいと言われています。

特に、スワニーやマイヤーズといった品種は
受精が強く果実も豊富に実ります。

甘い果実ですが小粒です。

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルーベリーの栽培と効果

ブルーベリーは、一般家庭でも
手軽に栽培でき効果的に増やせる植物です。

ほかの果樹品種と比べて
病害虫の被害がほとんどないうえ、
挿し木により簡単に増やせ
2〜3年目くらいから収穫量が期待できます。

開花の近い異なる2品種以上を隣あわせて
植えると、結実量増加に効果があります。

結実時期が異なる品種を組み合わせると、
長期間完熟ブルーベリーの収穫が楽しめます。

ブルーベリーは、品種を選べば
寒冷地から暖かい地方まで栽培が可能です。

秋の紅葉も楽しめます。

ブルーベリーの果実を日常生活に
効果的に取り入れるため、庭先やベランダで
ブルーベリーの小さな鉢植えから始めてみましょう。

ブルーベリーの苗木は、ホームセンターや
インターネットで入手することができます。

挿し木する枝をいただけるのであれば
さらに効果的な入手方法です。

接ぎ木は初春に、苗木の植え替えは
初春か晩秋におこないます。

ピートモスを主体とした酸性土壌を準備し、
植え替え後は風通しがよく
日当たりの良いところに置きます。

西日や真夏の直射日光は避けます。

ブルーベリーは乾燥に弱いので、
土が乾かないように水をあたえます。

しかし湿気すぎると根腐りを起こします。

マルチングという方法で、鉢の表面に、
わら・樹皮。チップ等をかぶせると
適度な湿気が保持されるという効果があります。

年に3回程度肥料を与えます。

「ブルーベリーの肥料」という
調剤済みの肥料が売られているので、
これを利用すると効果的でしょう。

マグネシウムが不足すると
生理障害を起こすので気をつけましょう。

ブルーベリーにとって
最も気を付けなければいけない害虫は、
コガネムシです。

コガネムシの幼虫は根を食べるので、
ブルーベリーが枯れてしまいます。

アブラムシもつくことがあります。
熟した実は鳥に食べられることがあります。

防鳥ネットの使用が効果を発揮するでしょう。

ブルーベリーは4月になると
白または淡紅色の小さな花をつけます。

果実は緑色から赤→青→紫黒色に変化し、
表面に白い粉をふきます。

6月〜9月ごろにはおいしい果実が楽しめるでしょう。

秋になるとブルーベリーの葉は真っ赤に紅葉します。
お礼肥えを与え、来夏の結実を楽しみに待ちましょう。

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
Copyright © ブルーベリーの効果について All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。